週末のバンドマン

楽曲の考察から奏法解説、使用機材やらを記録していきます。主にギター。アニソン系メタル系多め。

甲賀忍法帖 (陰陽座) ギター & キーボード 弾いてみた

 

はじめに

バジリスク甲賀忍法帖〜opで有名な曲ですね。

個人的には昔から色んなバンドで陰陽座をコピーする機会がありまして、段々とギターだけでは全体の完成度が飽き足らなくなって来たので、近年はシンセも兼任しています。

このGt & Keyという発想は、今では陰陽座コピーバンドに限らず、様々な曲をコピーするのに応用しています。

 

参考音源

この曲のギターの奏法解説は、大先輩の方々が沢山挙げて下さっているので、私はこのGt & Keyという視点からパート分けを含めて楽曲考察していきたいと思います。

※私は最近の陰陽座コピーバンドでは主に狩姦パートを弾きますので、

 狩姦パート+シンセ (左画面)

 招鬼パート (右画面) という構成で進めたいと思います。

 

参考スコア

 

イントロ

youtu.be

ツインギターでキーボ無しだと、この印象的なイントロの尺八(篠笛と言うそうです…)フレーズは流せませんね。

ギターシンセを駆使する方は例外でしょうけれども。

 

皆さんもこの曲のイントロと言えば、この尺八フレーズが頭の中に流れているのではないでしょうか?

 

一方でイントロはギターの音圧も欲しいので、相方のギターにはGtソロ時のブースト

(或はショートディレイやショートコーラス、デチューン等も面白いですね)

を依頼して音量バランスを取ります。

 

Bメロ〜間奏

youtu.be

 クリーンコーラスのパートは狩姦パートの方でやっています。

その方が、キーボードを弾く際に次のギターパートとしてギターノイズを極力防げるからです。

 

シンプルなツインギターのみより、間奏の尺八(篠笛)パート入っているとまた印象が違うと思うんですよね。(弾けてませんが)

 

ここの尺八パートが終わったら、一瞬ブレイクしてすぐに2番のAメロに入りますので、そこの切り替えは要練習です。

 

Gtソロ明け〜

youtu.be

最後はGtソロ明けです。

 

ここのストリングスパートをどこ迄弾くかは、色々試してみると良いでしょう。

私は上の動画の様にサビの前半まで弾いていますが、最初の静かな部分だけというパターンもよくやります。

 

何れにせよ、ソロ明けの静かな部分にストリングスの白玉(伸ばす音)が入ることで、クリーンコーラスのコードストロークとの対比がとても良いメリハリになって、Voパートもより引き立つと思うんですよね。

 

根本的な問題:ギターとキーボを同時に持ち歩けない

はい。その通りだと思います。

なので、私が使っているキーボはiRig Keysというミニキーボードです。

こちらはあくまでMIDI鍵盤なので、音源はiPod touchにインストールしてあるSouns Cancas for iOSというアプリを使って、

iRig Keys → iOS端末(今回はiPod touch) → アンプ

という流れで音を出しています。

 

 

本日はここまで。

ご観覧、ありがとう御座いましたm(_ _)m

 

 

使用機材