週末のバンドマン

楽曲の考察から奏法解説、使用機材やらを記録していきます。主にギター。アニソン系メタル系多め。

BanG Dream! Official Band Score Roselia (Vol.2) 掲載楽曲を全て演奏動画&奏法解説記事にしました!

f:id:progre-bandman:20200526191851p:plain

※公式より引用

www.rittor-music.co.jp

 

はじめに

当ブログでかなりの曲数を取り上げさせてもらっている、BanG Dream!プロジェクトのRoselia楽曲。

2019年にはオフィシャルバンドスコアVol.1掲載楽曲を丸々一冊演奏動画&奏法解説記事にするという自主企画を行いました。

Vol.1に続きまして、Vol.2に掲載されている全楽曲も演奏動画 & 奏法解説記事にしましたので、今回もインデックス記事がてらまとめようと思います(^^)

 

 

参考バンドスコア

参考音源

2020年5月末時点でこのバンドスコアを網羅したアルバム音源は残念ながら存在しません。

各個別記事にそれぞれ参考音源のリンクを貼っておきましたので、そちらをご参照下さい。

 

音作りについて

ギター

ご本人使用モデルは、ESP社のM-Ⅱ ROSELIA SAYO

※廉価版のBanG Dream!モデル(5〜6万円)もあります

2019年の武道館ライヴからだったでしょうか。

ピックアップがEMGのアクティヴ系から、Seymour Duncanのパッシヴ系に変更されたモデルも発売されています。

いずれのモデルも、同じESP社のM-Ⅱシリーズがベースになっています。

M-Ⅱ CTMが近いスペックでしょうか

残念ながら当方、ご本人使用モデルもMⅡシリーズも所有しておりません(-_-;)

使用ギターはStrandberg社のBoden Original 6

アニメバンドリ2期で朝日六花(LOCK)が使っていたモデルですね。

共通しているのはHH(=ハムバッカーピックアップ×2)仕様と、ノントレモロ(fixed bridge)であることくらいです(^^;

※最近は、トレモロアーム付きのSAYOⅡFRも発売されています

 

アンプ

演奏動画にも映っていますが、近年はKemperを使用しています。

Diezel社のVH-4をプロファイリングしており、その中で最も歪みやすい4chをプロファイリングしたRigを使っています。

この時期のご本人仕様モデルは同じDiezel社のHagenと言われていますね。

ほとんどはこのプロファイリングを行った後に収録しておりますので、過去に収録したRとBRAVE JEWELを除き、このRigになります。

 

エフェクター

主にはKemper側だったり、Garageband(DAW)側で掛けてしまいますので、ここは本人仕様には拘っておりません^^;

細かいところで実用性を重視して使用したエフェクターについては、記事内に記載しておりますのでご参照下さい(^^) 

Roselia楽曲でも比較的使用頻度の高いエフェクターの紹介記事です

 

撮影環境

常に改善を図るようにはしていますが、機材そのものは概ね変わっていません。

 

録音

Strandberg → Kemper → iRig Pro → iPad mini 4 (garageband for iOS)

 

録画

Xperia 1 (1980 × 1080p 60fps フルHD録画)

 

実は割と最近まで4K動画で録画していたのですが…

たしかに映像そのものは4Kの方が綺麗なのは間違いないのですけれども、Xpria XZにせよ最近機種変したXperia 1にせよ、4K動画はフレームレートが30fpsで統一されております。

演奏動画の都合上、30fpsでは素早い動きに弱く、多少画質を落としてもフレームレートを優先して撮影しています。

 

動画編集

投稿動画数で言えば、未だにiMovie for iMacをメインに使用しています。 

ただ、今回のVol.2楽曲のfull版ではいずれも、Final Cut Pro Xのフリートライアル版を活用しました。

※以前に収録したR、BRAVE JEWEL、FIRE BIRDは除く

 

期間は90日。

今回は都合1ヶ月程度で一気に終わらせた為、この記事を書いている時点でまだ試用期間中ですが、使い勝手の良さから製品版を購入することになりそうです(^^)

 

バンドスコア掲載楽曲の記事一覧

前置きが少々長くなりました。

今回の主である、奏法解説記事一覧です。

どうぞ気になる楽曲へ(^^)

 

最後に

ある特定のバンドのバンドスコアを丸々二冊、全曲コピーする機会は筆者progreも初めての試みでした。

 

二次元コンテンツであると同時に、三次元のリアルバンドも存在するBanG Dream!プロジェクト。

特に今回取り上げているRoseliaというバンドで実際にライヴで演奏される声優さん達のほとんどは、ほぼ素人同然のスタートだったと聞いています。

 

Vol.1の初期の楽曲から、

Vol.2の最初の方に収録されている2年前(2020年から観た2018年)の楽曲、

FIRE BIRDとRinging Bloomが発売された2019年と、

楽曲に求められる技術レベルがどんどん上がっていくのがわかりました。

 

2020年には2ndアルバムも発売になり、既にこのバンドスコアより先の楽曲もいくつか発表されています。

演奏技術も一段と高次元にある楽曲もあります(笑)

今回自主企画を完遂した為、Roselia楽曲を取り上げる頻度は流石に落ちてしまうでしょうが、筆者progre自身は引き続きBanG Dreamプロジェクト…ひいてはRoselia楽曲を追っていくつもりです。

 

私の演奏動画や奏法解説が、これからこの楽曲をコピーしようとするギタリストさん達の勉強用に、あるいは確認用にと、何かしらの参考になったら嬉しいです(^^)

 

今後とも当ブログ「週末のバンドマン」をどうぞよろしくお願い致します。

 

 

これ程の長文を読んで下さってありがとう御座います!

気に入って頂けましたらTwitterもフォローして下さい。

更新時にお知らせしております。(無言フォロー歓迎)

はてなブロガーの方はこちらから読者登録下さい(^^)

Invincible Fighter (RAISE A SUILEN) ギター弾いてみた

f:id:progre-bandman:20210525204617j:plain

※公式より引用

 

bang-dream.com

 

はじめに

2021年5月21日。

BanG Dream!プロジェクトのRAISE A SUILEN (以下、RAS) の公式バンドスコアが発売されました。

当ブログでは既に2冊分のオフィシャルバンドスコアを使って行った、

バンドスコア丸々1冊演奏動画&奏法動画企画。

今回もやりたいと思います!

 

 

TVアニメ「カードファイト!!ヴァンガード」OP

このバンドスコアの掲載1曲目を飾るのはデビュー曲であるR・I・O・Tではなく、3rdシングルのタイトルトラックであるInvincible Fighter。

カップリングのTakin' my Heartと共に、TVアニメ「カードファイト!!ヴァンガード」のOPとEDに起用されました。

 

これらの楽曲は、2020年に発売されたRASの1stアルバムERAにも収録されておりますので、チェックしてみて下さい。

奏法のポイント

  1. チューニング
  2. 印象的なクリーントーン
  3. Aメロのリフ
  4. ギターソロ

※チューニングはドロップD(=6弦のみ1音下げ)です 


www.youtube.com

チューニング

BanG Dream!プロジェクトのリアルバンドに於いてRASの特徴の一つとして挙げられるのが、多彩なチューニングを楽曲に寄って使い分ける、というものがあります。

今回の楽曲はスタートのDコードが最も低い音であると推察されます。

故に、チューニングとしてはドロップD(=6弦のみ1音下げ)となると思われ、オフィシャルバンドスコアにもこのチューニングを前提に採譜されています。

 

印象的なクリーントーン

イントロ開始直後や、楽曲内のいくつかの箇所で聴こえるクリーントーン

特にイントロとラストのサビ前は目立って聴こえる部分です。

 

コーラスエフェクトの二重掛け

クリーントーンの音作りはディストーションやオーヴァードライヴを始めとする歪み系の音色とはまた違った奥深さがあります。

 

クリーントーンにコーラスやフェイザー等の所謂「揺らし系」エフェクトを掛けるのも鉄板の手法と言えるでしょう。

今回筆者progreが使った手法はコーラスの二重掛け

一般的な機材ですと、足元にコーラス系のエフェクターを2台同時に繋げてOnにするイメージです。

※実際は、Kemperに内蔵されているエフェクトで2重掛けしました

 

使うコーラスの種類を前段・後段で変えてみたりすると、また違った効果が得られます。

 

原曲の収録に使われたのかはともかくとして、この手法は通称クリスタルクリーントーンと呼ばれる音作りの定番手法の一つなので、ご存知なかったギタリストさんは今後覚えておいて損はないハズです。

 

Aメロのリフ

特に個別の奏法解説動画には起こしませんでしたが、筆者progre自身が弾いていてミストーンを出しやすい箇所だなと感じました。

 

BPM197の刻み

コードをジャカジャカ弾く時は8分音符もオルタネイトピッキングで弾きます。

一方、Aメロに出てくる様なパワーコードにブリッジミュートを掛けて弾く、通称「刻む」奏法では、このくらいのテンポでしたら8分音符は全てダウンピッキングで弾きたいところ。

 

慣れないとこのテンポは速く感じるハズです。コツは、

  • いくら力んでも速くはならないと自覚すること
  • 頭の中で自分が刻めている音をイメージ出来る様になること

です。

…とは言え、出来ないことをイメージするのは原曲を聴けば良いとは言え難しいかもしれません。

そこで、当ブログでは度々ご紹介させて頂いている、メタリカのジェイムス御大の素晴らしい刻みをご覧頂き、イメージを掴んでみて下さい(笑)


www.youtube.com

信じられるかい?

ドラムがこれだけハシッてるのに合わせて笑って歌いながら弾いてるんだぜ?

※外タレ日本語訳(通称、ヤング○ター)風

 

ギターソロ

ギターソロ…というより、その前の間奏入りがこの楽曲のギターで最も難しい箇所ではないでしょうか。 

youtu.be

テクニカルな音楽ではこの手のユニゾン(他のパートと同じ音を弾く)フレーズは常套手段ですが、あまり聴き慣れていないギタリストさんもいらっしゃるでしょう。

 

弾けるテンポから練習する

あらゆる教則に書いてあるハズです。

難しいフレーズを攻略する最短ルートは、自分が確実に弾けるテンポまで落として弾くことです。

メトロノーム又はクリックは必須ですね。

何も全曲通してまでやらなくて良いので、曲の中でうまく弾けない箇所だけを徹底的にこの手法で磨きます。

 

オクターヴ奏法

ギターソロと呼べる間奏の後半は、アニソンではよく見掛けるオクターヴ奏法でメロディを奏でるパターン。

筆者progre個人の手法かもしれませんが、オクターヴ奏法は逆アングルピッキング気味で弾くと良い感じの音抜けと音色になる気がします。

 

先に述べたダウンピッキングのブリッジミュートでは平行アングルピッキング、少し前に解説したユニゾンのリードフレーズでは弾きやすさを優先した順アングルピッキング等、使い分けることでより自分がイメージする出音になっています。

かなり昔の記事に別の楽曲の奏法解説で詳しく述べているので、ご興味ある方はどうぞ(^^)

 

最後に

今までRASの楽曲はより自分が好むHR/HM路線を中心にコピーして来ましたが、この手の王道アニソン系RAS楽曲は初めて着手しました。

HR/HM系より奏法難易度は低めとは言え、RASらしい楽曲で楽しめました。

 

RASの魅力はライヴに於けるステージングも多いにあるかと思います。

本気でコピーならステージアクションも含めて考えているギタリストさんもいらっしゃるでしょう。

筆者progre自身はステージアクションにはあまり興味が無いので、奏法や音作りに特化した内容で演奏動画&奏法解説を行っておりますが、これをツーステしながら弾くというのはなかなか大変そうです

 

これ程の長文を読んで下さってありがとう御座います!

気に入って頂けましたらTwitterもフォローして下さい。

更新時にお知らせしております。(無言フォロー歓迎)

はてなブロガーの方はこちらから読者登録下さい(^^)