週末のバンドマン

楽曲の考察から奏法解説、使用機材やらを記録していきます。主にギター。アニソン系メタル系多め。

BanG Dream! Official Band Score Roselia (Vol.2) 掲載楽曲を全て演奏動画&奏法解説記事にしました!

f:id:progre-bandman:20200526191851p:plain

※公式より引用

www.rittor-music.co.jp

 

はじめに

当ブログでかなりの曲数を取り上げさせてもらっている、BanG Dream!プロジェクトのRoselia楽曲。

2019年にはオフィシャルバンドスコアVol.1掲載楽曲を丸々一冊演奏動画&奏法解説記事にするという自主企画を行いました。

Vol.1に続きまして、Vol.2に掲載されている全楽曲も演奏動画 & 奏法解説記事にしましたので、今回もインデックス記事がてらまとめようと思います(^^)

 

 

参考バンドスコア

参考音源

2020年5月末時点でこのバンドスコアを網羅したアルバム音源は残念ながら存在しません。

各個別記事にそれぞれ参考音源のリンクを貼っておきましたので、そちらをご参照下さい。

 

音作りについて

ギター

ご本人使用モデルは、ESP社のM-Ⅱ ROSELIA SAYO

※廉価版のBanG Dream!モデル(5〜6万円)もあります

2019年の武道館ライヴからだったでしょうか。

ピックアップがEMGのアクティヴ系から、Seymour Duncanのパッシヴ系に変更されたモデルも発売されています。

いずれのモデルも、同じESP社のM-Ⅱシリーズがベースになっています。

M-Ⅱ CTMが近いスペックでしょうか

残念ながら当方、ご本人使用モデルもMⅡシリーズも所有しておりません(-_-;)

使用ギターはStrandberg社のBoden Original 6

アニメバンドリ2期で朝日六花(LOCK)が使っていたモデルですね。

共通しているのはHH(=ハムバッカーピックアップ×2)仕様と、ノントレモロ(fixed bridge)であることくらいです(^^;

※最近は、トレモロアーム付きのSAYOⅡFRも発売されています

 

アンプ

演奏動画にも映っていますが、近年はKemperを使用しています。

Diezel社のVH-4をプロファイリングしており、その中で最も歪みやすい4chをプロファイリングしたRigを使っています。

この時期のご本人仕様モデルは同じDiezel社のHagenと言われていますね。

ほとんどはこのプロファイリングを行った後に収録しておりますので、過去に収録したRとBRAVE JEWELを除き、このRigになります。

 

エフェクター

主にはKemper側だったり、Garageband(DAW)側で掛けてしまいますので、ここは本人仕様には拘っておりません^^;

細かいところで実用性を重視して使用したエフェクターについては、記事内に記載しておりますのでご参照下さい(^^) 

Roselia楽曲でも比較的使用頻度の高いエフェクターの紹介記事です

 

撮影環境

常に改善を図るようにはしていますが、機材そのものは概ね変わっていません。

 

録音

Strandberg → Kemper → iRig Pro → iPad mini 4 (garageband for iOS)

 

録画

Xperia 1 (1980 × 1080p 60fps フルHD録画)

 

実は割と最近まで4K動画で録画していたのですが…

たしかに映像そのものは4Kの方が綺麗なのは間違いないのですけれども、Xpria XZにせよ最近機種変したXperia 1にせよ、4K動画はフレームレートが30fpsで統一されております。

演奏動画の都合上、30fpsでは素早い動きに弱く、多少画質を落としてもフレームレートを優先して撮影しています。

 

動画編集

投稿動画数で言えば、未だにiMovie for iMacをメインに使用しています。 

ただ、今回のVol.2楽曲のfull版ではいずれも、Final Cut Pro Xのフリートライアル版を活用しました。

※以前に収録したR、BRAVE JEWEL、FIRE BIRDは除く

 

期間は90日。

今回は都合1ヶ月程度で一気に終わらせた為、この記事を書いている時点でまだ試用期間中ですが、使い勝手の良さから製品版を購入することになりそうです(^^)

 

バンドスコア掲載楽曲の記事一覧

前置きが少々長くなりました。

今回の主である、奏法解説記事一覧です。

どうぞ気になる楽曲へ(^^)

 

最後に

ある特定のバンドのバンドスコアを丸々二冊、全曲コピーする機会は筆者progreも初めての試みでした。

 

二次元コンテンツであると同時に、三次元のリアルバンドも存在するBanG Dream!プロジェクト。

特に今回取り上げているRoseliaというバンドで実際にライヴで演奏される声優さん達のほとんどは、ほぼ素人同然のスタートだったと聞いています。

 

Vol.1の初期の楽曲から、

Vol.2の最初の方に収録されている2年前(2020年から観た2018年)の楽曲、

FIRE BIRDとRinging Bloomが発売された2019年と、

楽曲に求められる技術レベルがどんどん上がっていくのがわかりました。

 

2020年には2ndアルバムも発売になり、既にこのバンドスコアより先の楽曲もいくつか発表されています。

演奏技術も一段と高次元にある楽曲もあります(笑)

今回自主企画を完遂した為、Roselia楽曲を取り上げる頻度は流石に落ちてしまうでしょうが、筆者progre自身は引き続きBanG Dreamプロジェクト…ひいてはRoselia楽曲を追っていくつもりです。

 

私の演奏動画や奏法解説が、これからこの楽曲をコピーしようとするギタリストさん達の勉強用に、あるいは確認用にと、何かしらの参考になったら嬉しいです(^^)

 

今後とも当ブログ「週末のバンドマン」をどうぞよろしくお願い致します。

 

 

これ程の長文を読んで下さってありがとう御座います!

気に入って頂けましたらTwitterもフォローして下さい。

更新時にお知らせしております。(無言フォロー歓迎)

はてなブロガーの方はこちらから読者登録下さい(^^)

【エモーショナルに弾け!】Power of Love!!! (Pastel*Palettes) ギター弾いてみた

※公式Twitterより引用

 

はじめに

BanG Dream!プロジェクトの中でアイドルバンドという位置づけであるPastel*Palettes

そのギタリストである氷川日菜は(設定上、)一度みたものはすぐに覚えてしまうという天才少女。

bushiroad-music.com

anime.bang-dream.com

今回はその高校生とは思えない(どう考えても熟練のオジサンギタリストが弾いているであろうw)、天才ぶりを遺憾なく発揮させた楽曲を取り上げたいと思います。

 

Tab譜

PiascoreというサイトにてTab譜の委託販売も行っております。

store.piascore.com

 

奏法のポイント

  1. ちょっと懐かしいエレガのアニソン
  2. エモーショナルなギターフレーズ
  3. ギターソロ

※チューニングはレギュラーです

耳コピにて音取りしています

ちょっと懐かしいエレガのアニソン

この楽曲を聴いた時の最初の印象がこれでした。

 

筆者がアニソンを弾きたくなったきっかけ

学生時代メタルやプログレフュージョン等のテクニカル系ばかり練習していた筆者progreが社会人になってアニソンを弾きたいと思ったきっかけは水樹奈々さんなのですが、その時に(当時)主な楽曲提供をしていたElements Garden(エレガ)の存在を知りました。

BanG Dream!コンテンツの楽曲をエレガが作ると聞いてから、絶対に追っていこうと思い立ち早数年。

時より自分がアニソン界隈に入るきっかけを作ってくれた楽曲の要素を感じさせてくれる楽曲が改めてBanG Dream!コンテンツで出てくるのはとても嬉しく、懐かしさも感じます(^^)

 

今まで練習してきた技術の昇華

ちょっと大袈裟ではあるのですが、学生時代にメタルやプログレが好きでひたすら練習してきた一方で、その技術をそれらの楽曲ではない、違う楽曲できちんと昇華させたいという思いが学生時代の終わり頃に出て来ました。

当時、一時的にDo As InfinityJUDY AND MARY等、自分の世代ど真ん中の音楽をコピーバンドでやり始めたこともあります。

  • 速弾きがある程度出来る:指は動くので、大体のフレーズに対応出来る
  • インスト楽曲も弾いてきた:メロディギターを艷やかに弾ける(ハズ)
  • 複雑な変拍子の理解:リズムやセクション変化時、楽器間の関係を理解

これらは特にメタルやプログレが弾けなければ出来ないものではありませんが(笑)、自分の中ではこれらの技術を応用出来ることが当時の課題だったわけです。

 

そしてこの意識は(すくなくともこの記事を書いている時点では)良い方向に影響していると思っています。

前置きが長くなりましたが、次の奏法解説の2項目は正にこの意識を以て更に腕を磨いてきた技術の結晶と言えます。

 

エモーショナルなギターフレーズ (サビ前・サビの中間)

※ギタートラックを取り出して、クリックを付けた演奏動画です

 

おそらく(少なくともギタリストにとっては)サビ前とサビの中間のメロディフレーズがこの楽曲の印象そのものになっているのではないでしょうか?

 

ギターで奏でるメロディ

歌ではなく、ピアノやストリングスでもないエレキギターという楽器で歌うようなメロディを弾く。

この楽曲も勿論そうですが、自分の頭の中でいくつか「歌うようなギターメロディ」を

イメージ出来るようにしておくのがその第一歩ではないでしょうか。

 

筆者progreが影響を受けたギタリスト

当ブログの過去記事でも何度か取り上げていますが、今回は特にど真ん中なので再度取り上げます。

ロディアスなギターフレーズを喜怒哀楽の感情豊かに弾きこなすギタリストとしてまず紹介したい、TUBEのギタリストである春畑道哉さん。

Jリーグのテーマソングや野球のニュースハイライトで氏の楽曲を聴いたことがある方も多いのではないでしょうか。

まるで歌っているようなギターに聴こえませんか?

時折挟んでくる速弾きフレーズも決して簡単ではありませんが、私がここで語りたいのはそのメロディの弾き方。

実際に氏の楽曲をコピーして録音してみると違いがよくわかりますが、氏の様に感情豊かに弾くのは一筋縄とはいきません。

 

結局のところ本人の「表現」の在り方なので正解は一つではありませんが、「表現」に影響するギターの「あらゆる音をコントロールする」技術が必要になってくると思います。

  • 音色
  • 音の入り方
  • 音の繋ぎ方
  • ヴィヴラートを掛けるか否か
  • ヴィヴラートを掛け始めるタイミング
  • ヴィヴラートの音の幅と周期
  • 音の切り方(繋ぎ方にも通ずる)

ぱっと思いついただけでもこれだけあります。

 

B'zのギタリストとして世界的に有名な松本孝弘さん。

Mステのテーマも有名ですね。

個人的には上に貼った動画の1:34〜始まるGO FURTHERという楽曲が大好きで、トレモロアームを使っていないのにあの浮遊感のあるメロディラインを弾く技術はコピーする時に相当研究しました。

春畑氏の項目と重複する部分を除いてぱっと思いついた部分を書き出しましたが、GO FURTHERという楽曲一つだけでもかなりありました。

 

日本を代表するメタルバンドとも言えるGalneryusのギタリスト、syu氏。

筆者progreの数コ上の先輩くらいの世代ではありますが、氏のアニメタルデビュー当時からyoung guitar誌などでよく勉強させてもらいました。

間違いなく影響を受けたギタリストの一人です。

 

これはあくまで筆者自身の表現力を形作っているギタリストの一例ですが、各々好きなギタリストやバンド、楽曲の音のイメージはあると思います。

そのイメージする楽曲をコピーしたり、他の楽曲でもその要素を感じる部分があれば積極的に応用してみたりして、より自分好みの演奏に近付けられるように精進する過程は、ギターを弾く上でとても有意義な時間だと私は思っています(^^)

 

ギターソロ

後半にインパクトのあるスウィープ+タッピング奏法の連続技と、その前後を彩るエモーショナルなメロディフレーズで構成されています。

 

入り前の2小節

2番のサビ終わりのキメ直後からギターソロの小節に入る前の2小節。

ギタリストからすればもうここからギターソロが始まっている感覚ですね。

 

ここはクレッシェンド(音を段々大きくする)させるとギターソロ本編のメロディラインが際立つと思います。

…とは言え、歪んだ音のエレキギターだとピッキングの強弱だけでの音量変化は限定的。そこで、ピッキングの強弱に加えてブリッジミュートも絡めて盛り上がりを表現します。

 

個人的には最初ブリッジミュートを絡めているところは全てダウンピッキングで「まだバッキング感を」、段々ブリッジミュートから離れるところからオルタネイトピッキングを使うことで「リードギター感を」演出しています。

 

ギターソロ最初の1小節に出てくる2回(実質3回)のチョーキング

前項に続き凄く細かいですが、実はこの部分だけで弾いているギタリストのリードギターの熟練度が大まかにわかってしまう程の違いが出ます。

 

一般的にエレキギターチョーキング(ベンド)と言えば「押さえているフレットの音から弦を引っ張り上げて目的の音階まで音を上げる」ことだと思います。

チョーキングの基本的な技術についてはここでは省略します

 

このチョーキングのパターンを複数使い分けられるかが、このたった2回(実質3回)のチョーキングで試されます。

一発目は押さえているフレットの音から目的の音に到達するまでに、

  1. 一度素早く到達音までチョーキング
  2. その後素早く元の位置まで戻してから再度到達音までチョーキング

と、瞬時に2度チョーキングします。

 

二度目(3回目?)は、音を上げる部分よりも音を下げる(元に戻す)方がメロディ構成上強調されています。

ここで一般的な「音を上げる為のチョーキング」に意識がいっていると、ちょっとイマイチな感じに聴こえてしまうかと思います。

筆者progreは演奏動画でここでは

  1. ピッキング
  2. チョークアップ
  3. ピッキング
  4. チョークダウン

としましたが、より「音を下げる(チョークダウン)」を強調するなら、

  1. チョークアップ
  2. ピッキング
  3. チョークダウン

といった、先にチョークアップしてからピッキングするという表現も選択肢になったかなぁとも思っています。

表現方法は千差万別あるので正解は一つではないと思いますが、上述したようにいくつかのパターンを自分で弾き分けられる技術がここでは求められていると思います。

 

3小節目のハイポジション(1弦15f)への移動

この3小節目の入りの部分、楽曲全体はシンコペーション(ここでは8分音符だけ早く突っ込む)になっていると思います。

一方で、ギターソロのメロディはあまり合わせることなく、どちらかと言えば小節の頭のリズム(シンコペーションしない)で入っているように聴こえるかと思います。

 

ちょっと大袈裟な気もするのですが、こういった俗に言うところの「タメ」を取り入れることで、ギターソロが奏でる空間の大きさみたいなもの演出することが出来ます。

 

スウィープ+タッピング

一方であまり空間が出来た状態を長く続けてしまうと、間延びして聴こえるというのもまた事実。

そこにこういった速弾きフレーズを入れることで、全体の構成にメリハリをつけるのは常套手段と言えます。

 

原曲を収録したギタリストさんがスウィープ+タッピング奏法を使って弾いているかはわかりませんが、せっかく演奏動画やライヴ・セッションなど人前で弾くのであれば、見た目にもインパクトのある奏法で魅せたいですよね(^^)

 

スウィープやタッピング奏法については、ネット上に私より上手なギタリストさんの解説が山程あるので省略します。

 

ここのフレーズに特化して意識するとすれば、最初の4音(低音弦)から次の5音目(高音弦)に移行する部分をきちんと捉えて弾けるかというところでしょうか。

ちょうどその4音目(4弦14f)を弾いている時は、薬指がセーハして(寝て)いると思うので、次の5音目(3弦12f)を弾く時に薬指が3弦より上の高音弦側に触れてしまうとうまく音が出ません。

当たり前のことを言っていると思われるかもしれませんが、これがなかなかに難しいので、奏法解説動画で行っているようなテンポを落としての練習でこの移行部分の感覚を掴んでおくと良いのではないかと思います。

 

ギターソロ最後のチョーキング

ギターソロの最後にガツッとチョーキングで〆たいところにちょうど来るチョーキング…なのですが、ここは半音チョーキングなのがポイント。

調子に乗って上げすぎるとみっともないのですが、遠慮するとうまく締らない^^;

 

筆者progreはタメを効かせたチョーキングロングトーンという選択をしましたが、原曲音源を参考に皆さんもうまい具合を探してみてください。

 

最後に

当ブログの奏法解説としては珍しく(?)、リードギターを中心に解説してみました。

メインリフやバッキングギターと比べると登場箇所も少ないですし、昨今ではリスニング時にギターソロを飛ばす聴き方が多いなんてことも聴きますが、リスナーが飽きずに食いついてくれるくらいのギターソロを弾きたいものですよね(^^)

 

これからこの楽曲をコピーするギタリスト、或いは既に弾けるギタリストさんの確認のお役に立ったら幸いです(^^)

 

 

 

これ程の長文を読んで下さってありがとう御座います!

気に入って頂けましたらTwitterもフォローして下さい。

更新時にお知らせしております。(無言フォロー歓迎)

はてなブロガーの方はこちらから読者登録下さい(^^)