週末のバンドマン

楽曲の考察から奏法解説、使用機材やらを記録していきます。主にギター。アニソン系メタル系多め。

BanG Dream! Official Band Score Roselia (Vol.2) 掲載楽曲を全て演奏動画&奏法解説記事にしました!

f:id:progre-bandman:20200526191851p:plain

※公式より引用

www.rittor-music.co.jp

 

はじめに

当ブログでかなりの曲数を取り上げさせてもらっている、BanG Dream!プロジェクトのRoselia楽曲。

2019年にはオフィシャルバンドスコアVol.1掲載楽曲を丸々一冊演奏動画&奏法解説記事にするという自主企画を行いました。

Vol.1に続きまして、Vol.2に掲載されている全楽曲も演奏動画 & 奏法解説記事にしましたので、今回もインデックス記事がてらまとめようと思います(^^)

 

 

参考バンドスコア

参考音源

2020年5月末時点でこのバンドスコアを網羅したアルバム音源は残念ながら存在しません。

各個別記事にそれぞれ参考音源のリンクを貼っておきましたので、そちらをご参照下さい。

 

音作りについて

ギター

ご本人使用モデルは、ESP社のM-Ⅱ ROSELIA SAYO

※廉価版のBanG Dream!モデル(5〜6万円)もあります

2019年の武道館ライヴからだったでしょうか。

ピックアップがEMGのアクティヴ系から、Seymour Duncanのパッシヴ系に変更されたモデルも発売されています。

いずれのモデルも、同じESP社のM-Ⅱシリーズがベースになっています。

M-Ⅱ CTMが近いスペックでしょうか

残念ながら当方、ご本人使用モデルもMⅡシリーズも所有しておりません(-_-;)

使用ギターはStrandberg社のBoden Original 6

アニメバンドリ2期で朝日六花(LOCK)が使っていたモデルですね。

共通しているのはHH(=ハムバッカーピックアップ×2)仕様と、ノントレモロ(fixed bridge)であることくらいです(^^;

※最近は、トレモロアーム付きのSAYOⅡFRも発売されています

 

アンプ

演奏動画にも映っていますが、近年はKemperを使用しています。

Diezel社のVH-4をプロファイリングしており、その中で最も歪みやすい4chをプロファイリングしたRigを使っています。

この時期のご本人仕様モデルは同じDiezel社のHagenと言われていますね。

ほとんどはこのプロファイリングを行った後に収録しておりますので、過去に収録したRとBRAVE JEWELを除き、このRigになります。

 

エフェクター

主にはKemper側だったり、Garageband(DAW)側で掛けてしまいますので、ここは本人仕様には拘っておりません^^;

細かいところで実用性を重視して使用したエフェクターについては、記事内に記載しておりますのでご参照下さい(^^) 

Roselia楽曲でも比較的使用頻度の高いエフェクターの紹介記事です

 

撮影環境

常に改善を図るようにはしていますが、機材そのものは概ね変わっていません。

 

録音

Strandberg → Kemper → iRig Pro → iPad mini 4 (garageband for iOS)

 

録画

Xperia 1 (1980 × 1080p 60fps フルHD録画)

 

実は割と最近まで4K動画で録画していたのですが…

たしかに映像そのものは4Kの方が綺麗なのは間違いないのですけれども、Xpria XZにせよ最近機種変したXperia 1にせよ、4K動画はフレームレートが30fpsで統一されております。

演奏動画の都合上、30fpsでは素早い動きに弱く、多少画質を落としてもフレームレートを優先して撮影しています。

 

動画編集

投稿動画数で言えば、未だにiMovie for iMacをメインに使用しています。 

ただ、今回のVol.2楽曲のfull版ではいずれも、Final Cut Pro Xのフリートライアル版を活用しました。

※以前に収録したR、BRAVE JEWEL、FIRE BIRDは除く

 

期間は90日。

今回は都合1ヶ月程度で一気に終わらせた為、この記事を書いている時点でまだ試用期間中ですが、使い勝手の良さから製品版を購入することになりそうです(^^)

 

バンドスコア掲載楽曲の記事一覧

前置きが少々長くなりました。

今回の主である、奏法解説記事一覧です。

どうぞ気になる楽曲へ(^^)

 

最後に

ある特定のバンドのバンドスコアを丸々二冊、全曲コピーする機会は筆者progreも初めての試みでした。

 

二次元コンテンツであると同時に、三次元のリアルバンドも存在するBanG Dream!プロジェクト。

特に今回取り上げているRoseliaというバンドで実際にライヴで演奏される声優さん達のほとんどは、ほぼ素人同然のスタートだったと聞いています。

 

Vol.1の初期の楽曲から、

Vol.2の最初の方に収録されている2年前(2020年から観た2018年)の楽曲、

FIRE BIRDとRinging Bloomが発売された2019年と、

楽曲に求められる技術レベルがどんどん上がっていくのがわかりました。

 

2020年には2ndアルバムも発売になり、既にこのバンドスコアより先の楽曲もいくつか発表されています。

演奏技術も一段と高次元にある楽曲もあります(笑)

今回自主企画を完遂した為、Roselia楽曲を取り上げる頻度は流石に落ちてしまうでしょうが、筆者progre自身は引き続きBanG Dreamプロジェクト…ひいてはRoselia楽曲を追っていくつもりです。

 

私の演奏動画や奏法解説が、これからこの楽曲をコピーしようとするギタリストさん達の勉強用に、あるいは確認用にと、何かしらの参考になったら嬉しいです(^^)

 

今後とも当ブログ「週末のバンドマン」をどうぞよろしくお願い致します。

 

 

これ程の長文を読んで下さってありがとう御座います!

気に入って頂けましたらTwitterもフォローして下さい。

更新時にお知らせしております。(無言フォロー歓迎)

はてなブロガーの方はこちらから読者登録下さい(^^)

はじまりのSignal (メジロマックイーン(CV.大西沙織)) ギター弾いてみた

※公式より引用

umamusume.jp

 

はじめに

当ブログではBanG Dream!プロジェクトを始め、ラブライブ!プロジェクトといったメディアミックスコンテンツの楽曲を主にギターの奏法解説記事として多く取り扱って来ました。

そんなメディアミックスコンテンツで無視出来ないのが今回当ブログで初めて取り上げるウマ娘プロジェクト。

2016年から始まっているのでそれなりに年数を重ねて来たコンテンツではありますが、2021年2月、(配信延期もあって)満を持して配信が開始されたゲームアプリとコロナ禍という世情も相まって人気に火がついたのは誰もが知るところであります。

 

演奏動画を投稿した2021年春当時から1年以上経過してしまっていますが、改めて奏法解説記事に起こしてみたいと思います。

 

 

ゲームアプリ1章

今回取り扱う「はじまりのSignal」という楽曲は、スマートフォンゲームアプリ「ウマ娘 プリティーダービー」のメインストーリー1章の最後で開放される楽曲です。

いきなり原曲音源を聴いてコピーすることは何の問題もありませんが、せっかくならゲームをプレイしてみてからこの楽曲に向き合うとまた違った景色が見えるのではないかと思うのでオススメです。

 

アニメ2期

ゲームアプリが配信されたのが2021年2月。

同クールでアニメ2期が放送されておりました。

 

メジロマックイーン(CV.大西沙織)

あまり書くとネタバレになってしまうので避けますが、このはじまりのSignalという楽曲は劇中に出てくるメジロマックイーン(かの名馬ではなく、それをモチーフとしたウマ娘)が歌います。

アニメ2期はトウカイテイオーメジロマックイーンを中心に描かれており、筆者個人としては是非ともアニメ1期〜2期までを履修してからこの楽曲と向き合って頂きたいと思っています。

この楽曲の演奏動画を収録したのがちょうどアニメ2期12話をリアタイした後だったので、精神的にとても辛かったのを覚えています^^;

※気になる方はアニメを見てね

 

TAB譜委託販売

当楽曲はPiascoreにてTAB譜の委託販売も行っております。

要所要所ではTAB譜付奏法解説動画もYouTubeにて無料公開しておりますが、バッキングはじめ楽曲全体を通してのコピーや、バンドでのパート分け等を想定した場合はどうぞこちらの有償TAB譜をご利用ください。

store.piascore.com

 

奏法のポイント

  1. イントロ・ブリッジ・アウトロのリード
  2. 2番Aメロ
  3. ギターソロ

※チューニングはレギュラーです


www.youtube.com

 

イントロ・ブリッジ・アウトロのリード

このセクションに関しては、YouTubeにTAB譜付奏法解説動画を無料公開しておりますので、こちらを貼っておきます。


www.youtube.com


www.youtube.com

 

音作り

音色というのははっきり言って弾き手の好みではあるのですが、この手のポップなアイドルソングの場合は、フュージョンライクなある程度しっかり歪んだ(ただし余計なノイズが出ない程度)オーヴァードライヴor浅めのディストーションが良いと思います。

筆者progreもこの演奏動画ではFREADMAN BE-50 DELUXEのBEチャンネル(クランチ〜オーバードライブ)をKemperにプロファイリングしたRigを使用しています。

 

ニュアンス勝負

TAB譜を一部無料公開してはいますが、この譜面をただナゾッただけでは淡白な演奏…というかちょっと失礼な言い方にはなりますが、のっぺりして素人感のある演奏になってしまうかと思います。

スライドやヴィヴラート・チョーキングなどを駆使して、メロディが活き活きと聴こえる様に研究しましょう。

上述したフュージョンライクな音質というのが、ここでも活きてくるのではないかと思っています。

 

2番Aメロ (1:58〜)

youtu.be

今度はギターとクリックのみの演奏動画を貼っておきます。

2番のAメロ…更に言うとその後半部分です。

 

ここでも印象的なリードフレーズが出てきます。

一般的にVoが歌っている後ろでギターが目立つというのはあまりよろしくはないのですが(笑)、1番と少し違った印象を聞き手に与えるというアレンジですので、ちょっとしゃしゃり出て来て気になるくらいが丁度良いのではないかと筆者は思います。

 

ここでも上述したニュアンスが物を言うと思います。

聞き手に刺さる演奏を心掛けたいですね。

 

ギターソロ


www.youtube.com

 

昨今の「ギターソロを聴き飛ばす」現象に逆らうかの様なギターオリエンテッドなギターソロ。

尺も前半と後半に分けられる程に展開出来るだけの長さがあります。

このソロは起承転結を意識したベーシックな構成と言えるでしょう。

 

前半(起・承)

1〜3小節目はスライドで入るメロディ(起)から、4〜8小節目にかけてチョーキングを絡めてギターソロ全体を大きく膨らませる(承)イメージです。

テンポはかなり速いし、所々ハンマリングやプリングがトリルの様に絡んで来ますが、全体的にゆったりと弾くのがポイントではないでしょうか。

 

後半(転・結)

9小節目〜は転調も相まって正にの展開。

フレーズもアルペジオの様な細かいフレーズに変化します。

前半とは違って弾き方もコンパクトにすると雰囲気の違いを出すことが出来ます。

筆者は更にピックアップセレクターをリヤ→フロントに変化させて、音色面でも印象に変化を持たせる様にしてみました。

13小節目〜はスキッピング(音飛び)フレーズから段々と音階も上がっていき、最後はスライドとチョーキングで〆る(結)。

 

最後のサビ前のセクションになるので、Voにしっかりバトンを渡しましょう。

 

最後に

如何だったでしょうか?

この楽曲を弾こうとするギタリストであれば、何を今更という様な退屈な内容だったかもしれませんね^^;

しかしながら、それはそれでこう言ったニュアンスや感情表現は大事なのだということを再確認して頂ければと思います。

筆者progre自身も自分が唯一絶対の正解を会得しているなどとは微塵も思っておらず、楽曲をコピーする時は多くのギタリストさんの演奏動画を参考資料として拝見させてもらってます。

これは単に自分より上手いか下手かを観たいのではなく、どうやって・何を気にして弾いているのかを知りたいからです。

 

筆者の演奏動画やこの奏法解説記事が、多くのギタリストの(良くも悪くも)参考となったら嬉しい限りです(^^)

 

 

 

これ程の長文を読んで下さってありがとう御座います!

気に入って頂けましたらTwitterもフォローして下さい。

更新時にお知らせしております。(無言フォロー歓迎)

はてなブロガーの方はこちらから読者登録下さい(^^)