週末のバンドマン

楽曲の考察から奏法解説、使用機材やらを記録していきます。主にギター。アニソン系メタル系多め。

BanG Dream! Official Band Score Roselia (Vol.2) 掲載楽曲を全て演奏動画&奏法解説記事にしました!

f:id:progre-bandman:20200526191851p:plain

※公式より引用

www.rittor-music.co.jp

 

はじめに

当ブログでかなりの曲数を取り上げさせてもらっている、BanG Dream!プロジェクトのRoselia楽曲。

2019年にはオフィシャルバンドスコアVol.1掲載楽曲を丸々一冊演奏動画&奏法解説記事にするという自主企画を行いました。

Vol.1に続きまして、Vol.2に掲載されている全楽曲も演奏動画 & 奏法解説記事にしましたので、今回もインデックス記事がてらまとめようと思います(^^)

 

 

参考バンドスコア

参考音源

2020年5月末時点でこのバンドスコアを網羅したアルバム音源は残念ながら存在しません。

各個別記事にそれぞれ参考音源のリンクを貼っておきましたので、そちらをご参照下さい。

 

音作りについて

ギター

ご本人使用モデルは、ESP社のM-Ⅱ ROSELIA SAYO

※廉価版のBanG Dream!モデル(5〜6万円)もあります

2019年の武道館ライヴからだったでしょうか。

ピックアップがEMGのアクティヴ系から、Seymour Duncanのパッシヴ系に変更されたモデルも発売されています。

いずれのモデルも、同じESP社のM-Ⅱシリーズがベースになっています。

M-Ⅱ CTMが近いスペックでしょうか

残念ながら当方、ご本人使用モデルもMⅡシリーズも所有しておりません(-_-;)

使用ギターはStrandberg社のBoden Original 6

アニメバンドリ2期で朝日六花(LOCK)が使っていたモデルですね。

共通しているのはHH(=ハムバッカーピックアップ×2)仕様と、ノントレモロ(fixed bridge)であることくらいです(^^;

※最近は、トレモロアーム付きのSAYOⅡFRも発売されています

 

アンプ

演奏動画にも映っていますが、近年はKemperを使用しています。

Diezel社のVH-4をプロファイリングしており、その中で最も歪みやすい4chをプロファイリングしたRigを使っています。

この時期のご本人仕様モデルは同じDiezel社のHagenと言われていますね。

ほとんどはこのプロファイリングを行った後に収録しておりますので、過去に収録したRとBRAVE JEWELを除き、このRigになります。

 

エフェクター

主にはKemper側だったり、Garageband(DAW)側で掛けてしまいますので、ここは本人仕様には拘っておりません^^;

細かいところで実用性を重視して使用したエフェクターについては、記事内に記載しておりますのでご参照下さい(^^) 

Roselia楽曲でも比較的使用頻度の高いエフェクターの紹介記事です

 

撮影環境

常に改善を図るようにはしていますが、機材そのものは概ね変わっていません。

 

録音

Strandberg → Kemper → iRig Pro → iPad mini 4 (garageband for iOS)

 

録画

Xperia 1 (1980 × 1080p 60fps フルHD録画)

 

実は割と最近まで4K動画で録画していたのですが…

たしかに映像そのものは4Kの方が綺麗なのは間違いないのですけれども、Xpria XZにせよ最近機種変したXperia 1にせよ、4K動画はフレームレートが30fpsで統一されております。

演奏動画の都合上、30fpsでは素早い動きに弱く、多少画質を落としてもフレームレートを優先して撮影しています。

 

動画編集

投稿動画数で言えば、未だにiMovie for iMacをメインに使用しています。 

ただ、今回のVol.2楽曲のfull版ではいずれも、Final Cut Pro Xのフリートライアル版を活用しました。

※以前に収録したR、BRAVE JEWEL、FIRE BIRDは除く

 

期間は90日。

今回は都合1ヶ月程度で一気に終わらせた為、この記事を書いている時点でまだ試用期間中ですが、使い勝手の良さから製品版を購入することになりそうです(^^)

 

バンドスコア掲載楽曲の記事一覧

前置きが少々長くなりました。

今回の主である、奏法解説記事一覧です。

どうぞ気になる楽曲へ(^^)

 

最後に

ある特定のバンドのバンドスコアを丸々二冊、全曲コピーする機会は筆者progreも初めての試みでした。

 

二次元コンテンツであると同時に、三次元のリアルバンドも存在するBanG Dream!プロジェクト。

特に今回取り上げているRoseliaというバンドで実際にライヴで演奏される声優さん達のほとんどは、ほぼ素人同然のスタートだったと聞いています。

 

Vol.1の初期の楽曲から、

Vol.2の最初の方に収録されている2年前(2020年から観た2018年)の楽曲、

FIRE BIRDとRinging Bloomが発売された2019年と、

楽曲に求められる技術レベルがどんどん上がっていくのがわかりました。

 

2020年には2ndアルバムも発売になり、既にこのバンドスコアより先の楽曲もいくつか発表されています。

演奏技術も一段と高次元にある楽曲もあります(笑)

今回自主企画を完遂した為、Roselia楽曲を取り上げる頻度は流石に落ちてしまうでしょうが、筆者progre自身は引き続きBanG Dreamプロジェクト…ひいてはRoselia楽曲を追っていくつもりです。

 

私の演奏動画や奏法解説が、これからこの楽曲をコピーしようとするギタリストさん達の勉強用に、あるいは確認用にと、何かしらの参考になったら嬉しいです(^^)

 

今後とも当ブログ「週末のバンドマン」をどうぞよろしくお願い致します。

 

 

これ程の長文を読んで下さってありがとう御座います!

気に入って頂けましたらTwitterもフォローして下さい。

更新時にお知らせしております。(無言フォロー歓迎)

はてなブロガーの方はこちらから読者登録下さい(^^)

ここから先は歌にならない (Poppin'Party) ギター弾いてみた

f:id:progre-bandman:20210919011847p:plain

※公式より引用

bokurema.com

 

はじめに

YouTube始め演奏動画投稿を続けていると、楽曲のリクエストを頂くことがあります。

勿論、自分の予定が最優先ですので全てのリクエストにお応え出来るわけではありませんが、今回頂いたリクエスト楽曲は当ブログでも取り上げることの多いBanG Dream!プロジェクト(以下、バンドリ)の代表的なバンドであるPoppin'Party(以下、ポピパ)の楽曲。

まだ公式のバンドスコアは発売されていない段階ですので耳コピとなりますが、奏法解説記事として取り上げたいと思います(^^)

 

 

ミニAlbum「Live Beyond!!」収録

この楽曲は2021年8月18日発売のミニアルバム「Live Beyond!!」に収録されています。

bang-dream.com

 

耳コピしたTab譜を販売中です

この演奏動画を投稿した時点では公式のバンドスコアは発売されておりません。

筆者progreが耳コピで音取りした演奏となります。

今回耳コピで音取りしたものはTab譜に起こし、Piascoreというサイトで販売しております。

store.piascore.com

 

ぼくたちのリメイク

冒頭に述べた今回この楽曲を取り上げた理由は2つ。

1つはこの楽曲がアニメのオープニングとしてタイアップされている「ぼくたちのリメイク」という作品が、予想以上に面白かったからです。

mfbunkoj.jp

この記事を書いている2021年9月の段階ではアニメ1期が放映されている最中です。

 

アニメにはバンドリプロジェクトの声優さんも起用されていたり、音楽はElements Garden(以下、エレガ)のメンバーが携わっていたりしているので、気になった方は是非チェックしてみて下さい(^^)

 

2000年前後のV系楽曲

この楽曲を取り上げた理由の2つ目。

この楽曲そのものが筆者progreにとって何処か懐かしさを感じる要素が多かったからです。

 

作曲はエレガの藤田淳平さん

エレガの発足時からのメンバーの一人でいらっしゃいます。

筆者progreの大好きなAvant-garde HISTORYやSafe and Soundの作曲者でもあり、転調の使い方や一般的にあまり違和感の無い変拍子を効果的に使ってくるところが良いんですよね(^^)

あまり高度な音楽理論には明るくありませんが、今回取り上げた楽曲の転調の仕方(…は関係ないかもしれませんが)には個人的にPIERROTの雰囲気を感じました。


www.youtube.com

 

ギターはエレガの藤永さん?

クレジットを確認しておりませんが、原曲のギターを弾いているのはおそらくエレガの藤永さんではないかと思われます。

Roselia楽曲でも多く(全て?)が藤永さんの弾くギターであり、そのスタイルは90年〜00年代のV系の要素を多く感じ取ることが出来ます。

 

実際にこの楽曲でもアルペジオオクターヴ奏法でのリードパート等、随所で聴くことが出来ます。

 

奏法のポイント

  1. BPM190の刻み(特に3・4弦)

  2. 1番〜2番の間奏で弾くリードパート

  3. 1番と2番のキメ違い

  4. オクターヴ奏法のリードをメロディアスに聴かせる

※チューニングはレギュラーです

耳コピにて音取りしています

 

BPM190の刻み

バンドリ楽曲では最早このくらいのテンポで8分音符のブリッジミュートを絡めたダウンピッキングが出来るのは常識なのかもしれません(笑)

当ブログの解説記事でも何度も書きました。

筆者の弾き方としては、この手の刻みをする時は平行アングルでのピッキングを心掛けています。

 

加えてこの楽曲では、通常多様される6or5弦をルート音としたパワーコードだけでなく、4弦や3弦を使った刻みも多く散見されます。

6弦や5弦と違って4弦や3弦はは細く、力任せにピッキングしてしまうとピッチが余計に高くなってしまいます。

特にプレーン(すべすべした)弦である3弦は尚更その傾向が顕著です。

 

更に言うなら、ナット(0フレット)付近とそうでない(7f辺りから?)ポジションでは弦のテンションがまるで違うので、リードパートBメロで見られる様な4&3弦の9fでの刻みは、特に力の入れ具合には気を付けましょう。

ピッキングする手の手刀部分でブリッジミュートを行うと思いますが、いつもより更にブリッジの端でミュートすることを意識してみるのも有効です。

 

1番〜2番の間奏で弾くリード (1:26〜)

この楽曲では一般的な2番後のギターソロというものはありません。

その代わりに1番〜2番の繋ぎと、最後のサビ後半、アウトロ(?)でギターソロのそれに近いリードパートが存在します。

 

そのトップバッターです。

  • 最初の2弦と3弦を使ったアルペジオは3弦を軽くブリッジミュート気味に
  • スライド奏法を有効に使う
  • バッキングのキメをしっかり合わせる
  • 途中7〜9fから14fに大移動する際のポジションに気を付ける

私はこの辺りを特に意識して弾きました。

 

1番と2番のキメの違い

この楽曲は1番と2番が比較的同じ様なアレンジで進んでいきますが、

  • サビ前のキメ
  • サビ中間の部分のキメ

この2箇所は明確に違うところです。

バンドやセッションのアンサンブルで間違えると結構恥ずかしいと思いますので、しっかり頭に叩き込んで仕込みましょう^^;

 

オクターヴ奏法をメロディアスに聴かせる

文字に起こすとシンプルですが、奏法解説として表現するのはとても難しいです^^;

私が意識していることをいくつか書いてみますね。

 

逆アングル気味に弾く

少し前に刻みの際は平行アングルを意識していると述べました。

そう、ピッキングアングルを使い分けているのです。

 

逆アングルピッキングの特徴として、少し打楽器的なハッキリした出音にあると筆者progreは認識しています。

オクターヴ奏法やカッティング奏法で意識的に使うようにしています。

 

音の入り方にいくつかパターンを持たせる

原曲をよく聴けばわかるのですが、リズム重視のバッキングコードと違い、オクターヴ奏法でメロディを奏でる時はジャストの時と少し音の繋ぎを感じさせる場合があります。

言葉にすると少々ややこしいですが、Tab譜で言うところのスライドやグリスで表現される部分ですね。

 

全ての音の繋ぎに多用するとクドいですが、要所々々で使うとメロディが生き生きと聴こえます。

この手の表現力に正解は無いと思っています。

あなた自身の生き生きとしたメロディを探してみて下さい(^^)

 

ポピパ楽曲で参考にするならコレ

筆者progreが以前弾いたポピパ楽曲でこの手の表現力が試されるなと感じたのは、キズナミュージックです。

ここでもリードの表現力について触れています。

この時は音の出入りに加えて、ボーカルの表現力を参考にダイナミクスを付けると解説しています。

 

最後に

今回はリクエストというきっかけでしたが、バンドリ楽曲を通して新たな作品と出会いつつ、何処か懐かしさを感じさせてくれる楽曲を弾くことも出来たという、結果的に大変有意義な機会となりました。

 

毎度リクエストにお応え出来るわけではありませんが、常にアンテナは広く張っていきたいなと改めて感じた次第です。

 

 

これ程の長文を読んで下さってありがとう御座います!

気に入って頂けましたらTwitterもフォローして下さい。

更新時にお知らせしております。(無言フォロー歓迎)

はてなブロガーの方はこちらから読者登録下さい(^^)