週末のバンドマン

楽曲の考察から奏法解説、使用機材やらを記録していきます。主にギター。アニソン系メタル系多め。

BanG Dream! Official Band Score Roselia (Vol.2) 掲載楽曲を全て演奏動画&奏法解説記事にしました!

f:id:progre-bandman:20200526191851p:plain

※公式より引用

www.rittor-music.co.jp

 

はじめに

当ブログでかなりの曲数を取り上げさせてもらっている、BanG Dream!プロジェクトのRoselia楽曲。

2019年にはオフィシャルバンドスコアVol.1掲載楽曲を丸々一冊演奏動画&奏法解説記事にするという自主企画を行いました。

Vol.1に続きまして、Vol.2に掲載されている全楽曲も演奏動画 & 奏法解説記事にしましたので、今回もインデックス記事がてらまとめようと思います(^^)

 

 

参考バンドスコア

参考音源

2020年5月末時点でこのバンドスコアを網羅したアルバム音源は残念ながら存在しません。

各個別記事にそれぞれ参考音源のリンクを貼っておきましたので、そちらをご参照下さい。

 

音作りについて

ギター

ご本人使用モデルは、ESP社のM-Ⅱ ROSELIA SAYO

※廉価版のBanG Dream!モデル(5〜6万円)もあります

2019年の武道館ライヴからだったでしょうか。

ピックアップがEMGのアクティヴ系から、Seymour Duncanのパッシヴ系に変更されたモデルも発売されています。

いずれのモデルも、同じESP社のM-Ⅱシリーズがベースになっています。

M-Ⅱ CTMが近いスペックでしょうか

残念ながら当方、ご本人使用モデルもMⅡシリーズも所有しておりません(-_-;)

使用ギターはStrandberg社のBoden Original 6

アニメバンドリ2期で朝日六花(LOCK)が使っていたモデルですね。

共通しているのはHH(=ハムバッカーピックアップ×2)仕様と、ノントレモロ(fixed bridge)であることくらいです(^^;

※最近は、トレモロアーム付きのSAYOⅡFRも発売されています

 

アンプ

演奏動画にも映っていますが、近年はKemperを使用しています。

Diezel社のVH-4をプロファイリングしており、その中で最も歪みやすい4chをプロファイリングしたRigを使っています。

この時期のご本人仕様モデルは同じDiezel社のHagenと言われていますね。

ほとんどはこのプロファイリングを行った後に収録しておりますので、過去に収録したRとBRAVE JEWELを除き、このRigになります。

 

エフェクター

主にはKemper側だったり、Garageband(DAW)側で掛けてしまいますので、ここは本人仕様には拘っておりません^^;

細かいところで実用性を重視して使用したエフェクターについては、記事内に記載しておりますのでご参照下さい(^^) 

Roselia楽曲でも比較的使用頻度の高いエフェクターの紹介記事です

 

撮影環境

常に改善を図るようにはしていますが、機材そのものは概ね変わっていません。

 

録音

Strandberg → Kemper → iRig Pro → iPad mini 4 (garageband for iOS)

 

録画

Xperia 1 (1980 × 1080p 60fps フルHD録画)

 

実は割と最近まで4K動画で録画していたのですが…

たしかに映像そのものは4Kの方が綺麗なのは間違いないのですけれども、Xpria XZにせよ最近機種変したXperia 1にせよ、4K動画はフレームレートが30fpsで統一されております。

演奏動画の都合上、30fpsでは素早い動きに弱く、多少画質を落としてもフレームレートを優先して撮影しています。

 

動画編集

投稿動画数で言えば、未だにiMovie for iMacをメインに使用しています。 

ただ、今回のVol.2楽曲のfull版ではいずれも、Final Cut Pro Xのフリートライアル版を活用しました。

※以前に収録したR、BRAVE JEWEL、FIRE BIRDは除く

 

期間は90日。

今回は都合1ヶ月程度で一気に終わらせた為、この記事を書いている時点でまだ試用期間中ですが、使い勝手の良さから製品版を購入することになりそうです(^^)

 

バンドスコア掲載楽曲の記事一覧

前置きが少々長くなりました。

今回の主である、奏法解説記事一覧です。

どうぞ気になる楽曲へ(^^)

 

最後に

ある特定のバンドのバンドスコアを丸々二冊、全曲コピーする機会は筆者progreも初めての試みでした。

 

二次元コンテンツであると同時に、三次元のリアルバンドも存在するBanG Dream!プロジェクト。

特に今回取り上げているRoseliaというバンドで実際にライヴで演奏される声優さん達のほとんどは、ほぼ素人同然のスタートだったと聞いています。

 

Vol.1の初期の楽曲から、

Vol.2の最初の方に収録されている2年前(2020年から観た2018年)の楽曲、

FIRE BIRDとRinging Bloomが発売された2019年と、

楽曲に求められる技術レベルがどんどん上がっていくのがわかりました。

 

2020年には2ndアルバムも発売になり、既にこのバンドスコアより先の楽曲もいくつか発表されています。

演奏技術も一段と高次元にある楽曲もあります(笑)

今回自主企画を完遂した為、Roselia楽曲を取り上げる頻度は流石に落ちてしまうでしょうが、筆者progre自身は引き続きBanG Dreamプロジェクト…ひいてはRoselia楽曲を追っていくつもりです。

 

私の演奏動画や奏法解説が、これからこの楽曲をコピーしようとするギタリストさん達の勉強用に、あるいは確認用にと、何かしらの参考になったら嬉しいです(^^)

 

今後とも当ブログ「週末のバンドマン」をどうぞよろしくお願い致します。

 

 

これ程の長文を読んで下さってありがとう御座います!

気に入って頂けましたらTwitterもフォローして下さい。

更新時にお知らせしております。(無言フォロー歓迎)

はてなブロガーの方はこちらから読者登録下さい(^^)

うっせぇわ(Ado)ギター弾いてみた

f:id:progre-bandman:20210211225030j:plain

 

はじめに

御縁あってここ最近流行っているという楽曲を弾く機会を頂きましたので、それとは別にいつもの演奏動画&奏法解説記事にしていきたいと思います。

 

流行っているだけあって、発表から3ヶ月ちょいの期間ではあるものの、既にかなり多くの演奏動画がYouTubeにアップロードされておりました。

これからこの楽曲をコピーする方や、既に弾けるものの自分の弾き方との比較・確認をしたいというギタリストさんの参考になれば幸いです(^^)

※今回は耳コピにてコピーしましたが、Tab譜も市販されているようです

 

楽曲のポイント

いつの時代も必要とされる風刺

筆者progreは音楽評論家ではありませんので、この楽曲が流行った経緯や時代背景などを語るつもりはありませんが、自分の若かりし折(20年前くらい?)にも同じ様に社会や日常を風刺する楽曲にハマったなぁと思い出しながらコピーしていました。

 

あまり邦楽で記憶に残っているものはありませんが、洋楽では当時バンドでコピーした楽曲も多く、今でもそこそこ覚えているものがありますのでご紹介しておきます(^^)


Slipknot - People = Shit (Audio)


Korn - Right Now


System Of A Down - B.Y.O.B. (Official Video)

 

特に最初に挙げたSlipknotの楽曲は、今回奏法解説に取り上げた楽曲にも音楽的に通ずる部分が少なからずあったので、一聴した瞬間に自分の中のどこか懐かしさに触れる部分があったのは間違いありません。

 

アナーキーさを感じさせる♭5

古来、教会音楽では「悪魔の音」と言われていたこともあったとかなかったとか。

私の場合多くはヘヴィメタル楽曲で触れて来ました。

 

ざっくり解説すると…

この楽曲の基本のキー(=調)はBm(=ニ短調)なのですが、本来このBmの5度に当たるファ♯を♭させた(=半音下げた)ファを積極的に取り入れることで、どことなく鬱々とした雰囲気を醸し出す…というものです。


Metallica: Enter Sandman (Official Music Video)

こちらはキーがEmで、その5度に当たるシの音を♭させたシ♭を積極的に取り入れたリフを多様した、ヘヴィメタルの王道楽曲としてご紹介しておきます。

 

※ご参考

"音楽に潜む悪魔"と呼ばれたコードの歴史 | Fender

 

近年よくみられるサビのコード進行

勝手な推察ですが、上述の鬱々とした面ばかりが目立つ楽曲ならここまで流行ることは無かったでしょう。

全般的に攻撃的な歌詞が続く一方で、サビのコード進行は近年実に多く見られるパターン。

 

この辺の音楽理論については既に多くの解説記事や動画が上がっておりました。

datt-music.com

※上述した♭5についても言及されておりますね


【うっせぇわ】ここ数年のヒット曲には全て「○○進行」が使われていた!?【夜に駆ける】

 

そしてどの記事にも言及されておりますが、筆者progre自身の世代としても、この手のコード進行は正に椎名林檎さんの「丸の内サディスティック」のイメージです。

自分は勝手に「林檎進行」などと呼んでいます(笑)


丸の内サディスティック - 椎名林檎(フル)

 

奏法のポイント

  1. チューニング
  2. タイトに刻むBメロのバッキング
  3. トレモロピッキングを多用するリード
  4. サビ後半のトレモロエフェクト

耳コピにて音取りしています


【字幕奏法解説付】うっせぇわ (Ado) fullでギター弾いてみた

 

チューニング

市販のバンドピースもチラッと読みましたし、既に上がっている多くの演奏動画も拝見させて頂きましたが、個人的にはこの楽曲のギターの最低音はB(=低いシ)と判断しました。

 

一般的な6弦ギターの最低音はミ。

そこから更に2音半程低い音程になります。

 

7弦ギターを使う

私の演奏動画ではこちらのパターン。

通常の6弦ギターに更に低い方へ弦が1本追加されたものです。

一般的な7弦ギターのノーマルチューニングでは7弦はシの音となるので、丁度この楽曲とも一致します。

ドロップBチューニング

7弦ギターを使うのは自然ですが、多くのギタリストさんはまだまだ保有していないのも事実。

6弦ギターでこの音程を再現しようと思った場合の一つの手法として、チューニングそのものを下げてしまうというのもあります。

 

単純に全ての弦を2音半ずつ下げるというのも手ですが、

6弦だけ2音半下げ、1〜5弦は1音半下げというチューニングをして、ドロップDチューニングと同じ様な運指感覚で弾くことも出来ます。

ドロップDチューニングより全体的に1音半下げているので、ドロップBチューニングと呼ばれます。

 

この手法を使う場合は弦がダルンダルンにならないように、いつもより太めのゲージに張り替えることをオススメします^^;

 

※最近ではドロップCチューニングに下げて弾いた楽曲もありましたので、ご参考までに貼っておきます


JUST THE WAY I AM (RAISE A SUILEN) fullでギター弾いてみた【BanG Dream!】

 

タイトに刻むBメロのバッキング (0:39〜 / 1:53〜)

ポイントは16分音符の表拍と裏拍です。

これを全てダウンピッキングで弾くギタリストも多いですが、実は結構ハードルが高いです^^;

個人的には16分音符の奇数をダウン、偶数をアップで弾くことで、(ダウン→アップ→ダウン→ダウン→アップ→ダウン)×2と弾いています。

ちょうどコードストロークの空ピッキングと同じ要領ですね(^^)

これにより、ピッキングする方の手の動きを安定させることが出来ます。

 

勿論、アクセントとしては全てダウンで弾いた方が強いので、リズム感に自身がある、又はリズム感を鍛える為に敢えてダウンで弾ききるというのも全然アリだと思います。

 

トレモロピッキングを多様するリード (0:44〜 / 1:36〜 / 1:52〜)

この楽曲のリードギターが目立つポイントでもありますよね。

要は16分音符のオルタネイトピッキングなわけですが、音をあまり動かさないことでより聞き手に印象づける効果があるわけです。

 

運指練習で基礎力を向上させておく

このフレーズの克服法はシンプルで、いわゆる運指練習の様な基礎的な練習量だと思います。

等など、色々と考えることはあるものの、それらを半分無意識的に出来るくらいに反復練習をして体が覚えているかが重要ではないかと考えます。

 

サビ後半のトレモロエフェクト (1:03〜 / 2:11〜 / 2:56〜)

サビの後半で急にステレオ右側から聴こえる効果音。

一聴すると、ギターのフレーズなのかどうかもわからない音ですね。

もしかしたら本当にギターの音ではないかもしれませんが、こんな感じの音はギターで出すことが出来ます。

 

エフェクターを使う

ギタリストよろしく、リハやライヴで演奏するならエフェクターを使うことになるでしょう。

一般的には「トレモロ」と呼ばれる音量を周期的に変化させるエフェクトを使います。

機種によっては「スライサー」であったり、古くは「ヴィヴラート」なんて呼称するものもあります。

※ヴィヴラートという表現は正しくありませんが、歴史的に混同してしまった経緯があります。フェンダーギターのシンクロナイズドトレモロと同じですね^^;

 

この楽曲のBPMは178ですが、このテンポの16分音符に合わせて音量を0↔Maxで変化させると、原曲と同じ様な効果が得られるハズです。

 

DAWを使う

今回筆者progreはこちらを採用しました。

演奏動画やレコーディング等の場合、録音した後に編集ソフト側で同じエフェクトが掛けられる場合もあります。

その場合の多くは楽曲のBPMを録音時にしっかり設定しておけば、とても馴染んだ感じでエフェクトが掛かってくれるので、大変便利です(^^)

 

リハやライヴ、配信の際には使えませんが、逆に録音の場合は録音元で掛けたエフェクトの具合を編集時に変えることは基本出来ないので、一長一短です。

その時の環境に合わせてより良い選択が出来るようにしましょう。

 

最後に

TV等のメディアやSNS等で触れる音楽は数多くありますが、こうやって演奏動画にしたり、バンドやセッションで演奏する為にコピーしたりしない限りはなかなか聴き込んで自分なりに消化するまではいかないもの。

特に最近の流行りの楽曲であったり、若い人達に人気のあるアーティストとなると、尚更遠のきがちになっておりました。

 

そういう意味で、今回はとても良い機会をもらったと思っています。

単に新しいモノというだけではなく、自分の中にある音楽との共通点も多く見付けることが出来ました。

今後もそういう機会があれば、出来るだけ参加して音楽の幅を狭めないようにしていきたいですね(^^)

 

 

これ程の長文を読んで下さってありがとう御座います!

気に入って頂けましたらTwitterもフォローして下さい。

更新時にお知らせしております。(無言フォロー歓迎)

はてなブロガーの方はこちらから読者登録下さい(^^)