週末のバンドマン

楽曲の考察から奏法解説、使用機材やらを記録していきます。主にギター。アニソン系メタル系多め。

BRAVE JEWEL (Roselia) ギター弾いてみた

 

はじめに

この記事の執筆時点で、アニメBanG Dream!2期も最終話を控え、大変な盛り上がりをみせてくれていますね(^^)

私は最速のAbemaTVで観てますが、諸事情で観られなかったりすることもあるので、我が家ではdアニメストアを登録しています。

dアニメストア 

 

今回は同アニメのOPの1つでもある、RoseliaBRAVE JEWELのオフィシャルバンドスコアがリットーミュージックさんから発売されたということで、早速購入・仕込みましたので、奏法解説記事にしたいと思います。

 

 

このMVって・・・

余談ですが、この曲の最初の歌が終わってメインリフに入るところで、タイトルが出るじゃないですか。


Roselia『Brave Jewel』Music Video

私の中ではBanG Dream!じゃなくて、Vangardの文字が脳内再生されるんですよ。

サビの背景映像なんてモロ惑星クレイじゃないですか。

 

まぁ、主にこの辺のOP映像のイメージが強いからなんですけど^^;


【公式】カードファイト!! ヴァンガード OP 「Legendary」

・・・なんてくだらない話を家内としておりました(笑)

 

奏法のポイント

  1. メインリフ
  2. Aメロ後半のオブリ
  3. サビ後半のオブリ→キメ→3連符→メインリフ風のキメ

※チューニングはドロップDです

youtu.be

 

メインリフ

この楽曲のイメージそのものとも言える印象的なリフ。

これが弾けないとこの曲が弾けるとは言えないでしょう。

ポイントはリズム頭のブラッシングです。

 

ブラッシング

ブラッシングとは、(語弊を恐れずに言えば)低音弦を中心にしたカッティングです。

ブラッシングの際は、左手で弦を必ず左指2本以上でミュートすること。

※右利き用ギターを前提にしています

 

これは指1本でミュートすると、位置によってハーモニクスが出てしまう可能性があるからです。

ハーモニクスポイントを熟知した上級者であれば、指1本でもミュート出来るかもしれませんが、一般的には避けるところでしょう。

この楽曲はBPMが192とかなり速いので、左指2本でミュートするのはかなりスピーディーな作業になります。

youtu.be

押さえ過ぎると弦をハンマリングしてしまうので、感覚を掴めるテンポに落としてから、徐々に原曲テンポに近付ける方法をオススメします。

 

Aメロ後半のオブリ

速いスライドと、ゆっくりのスライドを使い分ける、細かいフレーズ。

 ポイントは8分音符のオルタネイトピッキングですね。

オルタネイトピッキングとは、ダウンピッキングとアップピッキングを交互に繰り返すことです。

youtu.be

この場合、8分音符のオルタネイトピッキングですので、スライドの箇所や弾く音符の長さによっては空ピッキング(弾かない)部分が出て来ます。

動画でも、フレーズ頭がアップピッキングになっているのは、その為です。

8分音符の表(奇数)なのか裏(偶数)なのかで、ダウンかアップかを意識して弾きましょう。

 

…とは言え、いきなり原曲テンポでは混乱しがちなので、最初は半分くらいのテンポでフレーズに慣れると良いと思います。

 

サビ後半

ここはAメロと似たオブリからキメ、3連符、メインリフ風のキメと続きます。

youtu.be

 

オブリガードはAメロで解説した要領で、オルタネイトピッキングを意識します。

ポジションの都合上、最後の方で人差し指を多様するのがちょっと難しいです。

 

その後のキメに続くのが3連符×2。

これがかなり速いので大変です。

歌と連動しているので、何とかついていきたいところですね。

 

そんな忙しいところに、またブラッシングを駆使した速いメインリフが来ます。

最後はこれまた歌と連動したアレンジで音が動きますので、ポジションの移動が地味に

大変なことになっています。

 

いずれにせよ、きちんと弾けるテンポに落として、徐々に原曲のテンポに近付けるの

が、結果的に早い+丁寧な習得に繋がると思うので、根気よく頑張りましょう(^^)

 

初の試み

奏法ポイントで最初に貼ったこちらのfull版ですが、

youtu.be

初めての試みとして、動画の字幕に奏法解説が表示される様にしてみました。

まだご覧になられていない方は、字幕(日本語)をonにして動画を観てみて下さい(^^)

この辺のアイディアももう少し固まったら記事にしてみたいところですね。

 

最後に

久々にRoseliaの奏法解説記事を書きましたが、ギターとしては他のバンドリバンドであるポピパやRAS、アフロ等と比較するとシンプルですね。

テンポがとても速いので慣れるまでは地道な練習が必要ですが、これだけ小細工無しでカッコ良い楽曲に仕上がるというのは流石は天下のエレガです(^^)

 

Roseliaさんは2019年8月に富士急ハイランドで野外Live2daysですね!

ほぼ被らないセトリで組めるくらいの楽曲数になってますから、楽しみですね(^o^)

 

これ程の長文を読んで下さってありがとう御座います!

気に入って頂けましたらTwitterもフォローして下さい。

更新時にお知らせしております。(無言フォロー歓迎)

はてなブロガーの方はこちらから読者登録下さい(^^)

 

 

参考音源