週末のバンドマン

楽曲の考察から奏法解説、使用機材やらを記録していきます。主にギター。アニソン系メタル系多め。

【ギターマテリアル編】音作り(エレキギター)の構成要素②~KEMPERをレビューする前に語っておきたい~

 

 はじめに

私のプロフィールアイコンにある通り、ここ数年はメイン機材にKemperを導入しています。

Kemperの良し悪し…つまりはアンプ選びを語る前に、私の考えるエレキギターの音作りに影響する構成要素をまとめた方が、同価格帯の機材を比較するのに役立つのではという結論に至りました。

こちらは2記事目となりますが、どうか飽きずに最後までお読み頂ければ幸いです(^^;

 

 

エレキ ギターが鳴る仕組み

私は理系ではありませんので、ここはシンプルに。

  1. 金属の弦を弾いて弦振動を起こす。
  2. ピックアップ内の磁石と反応することで電磁誘導を起こす。
  3. 電磁誘導により電気信号が発生する。
  4. ピックアップ内部の電線を通り、ギター内の回路へ。
  5. ボリュームやらトーンやらの回路系統を通りジャックからシールドへ。

もうこの時点で正確性に欠ける気がしてきましたので止めます(-_-;)

 

ギターの材質は関係無い?

この仕組みによれば、ギターのボディやネックに使う材質とか、本体の形状は関係無いような気もしますよね。

むしろ弦の材質とピックアップが音の根源かもしれません。

しかしながら皆さんご存知の通り、本体そのものの材質・形状に寄って音は変わります。

 

 不思議ですね。

今回はこの仕組みに無い部分が音に与える影響を私なりにまとめます。

 

ボディ材

一般的には木材ですよね。

各ボディ材の特徴はこちらをどうぞ。

guitar-hakase.com

 もっと別の種類の木材もありますし、そもそも木材ではない材質のギターも存在します。

一般的には上のリンクにあった、

この辺の音のイメージを代表的なギター

辺りに当てはめてイメージ出来るくらいにはなっていた方が、ギタリスト同士の会話が弾みますね。

 

ネック材

こちらも基本木材ですね。

各ネック材の特徴はこちら。

guitar-hakase.com

最近は剛性重視で木材以外(グラファイトとか)もあるみたいです。

私は使ったことはありませんが、いずれ試してみたいですね。

 一般的にはネック材として

指板材として、

  • メイプル
  • ローズウッド
  • エボニー

辺りの特徴と音や見た目のイメージはおさえておくと良いでしょう。

 

ボディやネックの形状

誤解を恐れずに例えるならば、なぜストラトキャスターよりレスポールの方が音が分厚く、逆に言えば抜けが悪いのか、ということです。

仮にピックアップをシングルコイルないしハムバッカーで揃えても、少なからず違うでしょう。

 

一般的にはボディやネックが分厚ければ音も分厚く、体積が小さければ音も軽くなるようです。

因みに、尖り気味なギターは音も細く鋭い感じになります。

 

私は使い分ける派

材質・形状による音の特徴を大まかに理解した上で、自分の愛機を一本で通すのか、用途に応じて複数本使い分けるのかは意見が別れるところです。

私は使い分ける派ですが、一本である程度対応出来るくらいの懐の深さを持つ知識と経験は積むべきかと思います。

 

私が現在使い分けているギター(の一部)

2018年現在、私の使用ギターであまりイジっていないものを、材質や形状面から紹介します。

直接役には立たなくても、音作りや音選びの参考になれば嬉しいです(^^)

注意:同じ名前でも、生産時期によって仕様が異なります。

 

JP7 (Musicman)

プロフィールアイコンにもなっているギター。

Dream TheaterのJohn Petrucciモデル(7弦)です。

メンテナンスのみで、パーツ等はとくにイジっていません。

  • ボディ材はバスウッド
  • ネックが平ら目のローズonメイプル
  • 癖がなく、メタルサウンドが得意
  • 握り込んで弾いたり、素早いコードチェンジは苦手

バスウッドは安価材と思われがちですが、このクラスの機種ですとそれ程軽くもなく、木の密度も高い雰囲気の音がします。

フラットな音域帯と、パーツ類の影響が出やすい特性は同じです。

 

Les Paul Double Cutaway (Gibson)

学生時代に中古で購入。

メンテナンスで古くなった電装系を取り替えたくらいです。

  • 一般的なレスポールとボディ材は同じマホガニーonメイプル
  • ネックも同じローズonマホガニーでセットネック
  • ボディが少し薄く作られていて少しだけ軽い
  • 文字通りダブルカッタウェイの24フレット仕様で、ハイポジションが弾きやすい

確かにレスポールっぽい音ですが、少し薄めな分、ドンシャリ感が少し弱い気もします。

逆に音は作りやすく、弾きやすい。

元々はレスポールからSGが出来るまでの過渡期モデルと言われているらしいですね。

 

古いモデルで木材が良いのか、トラ目に惚れて買ったようなもの。

 

最後に

いかがだったでしょうか?

音作りの構成要素としてギター本体のことを書こうと思ったら、1記事では収まりませんでした^^;

次回はパーツ類の記事にしたいなと思っています。

まだまだ続きますが、最後までご覧頂けたら嬉しいです(^^)