週末のバンドマン

楽曲の考察から奏法解説、使用機材やらを記録していきます。主にギター。アニソン系メタル系多め。

【ライブレポート①】BanG Dream! 5th☆Live ~Day 2, Roselia【前編】

はじめに

2018年5月13日(日)。

このブログの奏法解説でもよく取り上げている、Roseliaのライヴを(LVですが)観てきました(^^)

音楽雑誌の様な素晴らしいライヴレポを綴る文才はありませんが、とても良かったので記録に残したいと思います。

 

こちらは前編です。

Roseliaのライヴレポのみご覧になりたい方は、後編へどうぞ(^^;

 

 

LV (ライブ・ビューイング)で観た

 皆さん、LVはご存知ですか?

最近浸透してきていますね。

特にRoselia始めバンドリ他、コンテンツ系のライヴは会場のキャパからチケットがすぐに完売する為、結構使われている印象を受けます。

 

個人的には特に問題ない

「LVはちょっと…」

「ライヴだから思いっきり騒ぎ(暴れ)たい」

といったご意見もあるでしょうね。

 

たしかに、私はRoseliaのライヴを2回ほどLVで観ていますが、現地とは雰囲気が同じとはいかないでしょう。

(今回のLVは)サイリウムは勿論、スタンディングやコールは許容されていますが、あくまで映画館の中ですからね(^^;

 

ただ、個人的にはガンガン暴れたり叫んだりはしたくないタイプなので、ゆったりした指定席でポップコーンとコーラを飲み食いしながら見られるLVはむしろ心地好いです。

意外とこの様な意見も多いのではないでしょうか?

 

The Third (仮) ~オープニングアクト

 ライヴのスタートは前日に続き、オープニングアクトであるThe Third (仮)の皆さんから。

 

実は本編と同じぐらい楽しみにしたいました(^^;

個人的には今最も気になるバンドです。 

 

圧倒的演奏力

先に行われた、ニコニコ超会議2018の超演奏してみたステージでも素晴らしい演奏でしたが、改めて圧倒的な音圧と演奏(歌唱)力を見せてくれました。

 

Vo & Ba : Raychell

私は彼女達の1stライヴは見られなかったので、初めてRaychellさんの歌を聴きましたが、そのビジュアルに違わぬパワフルで格好良い歌でしたね。

That Is How I Roll ! や、RIOTはこの声が最高に合います。

グリグリのDon't be afraidもやっていましたが、こちらは綺麗な感じで歌い上げており、技術面でも高いものを感じました。

Baもゴリゴリのロックサウンドで、このバンドサウンドの骨格は彼女なのだなと感じた程です。

 

Gt : 小原莉子

抜群の安定感。

技術面は先の記事に書いたので、ここは感想のみで。

LV会場でも、彼女のギターソロの後は「うめぇ」という呟きや、盛り上がりが聞こえたくらい(笑)

たしかThat Is How I Roll ! のサビ前だったと思いますが、タッピングオブリ(低速でやる難しいヤツ)やってたような…モカちゃんってそんなテクニカルなの?…と(^^;

とにかく、小原さんは魅せてくれるギターでした(^^)

 

Key & Vo : 倉知玲鳳

 しゅわりん☆どり~みんの1曲だけVo & ショルキーされてました。

流石に歌いながらだと鍵盤の音数が減ってしまうのは致し方ないですが、その他の曲は2台鍵盤でかなりの音色を再現していた模様。

※先のニコニコ超演奏ではパスパレの曲をシンセ2台でほぼ再現してました(^^)

個人的には、誰よりもヘドバンしたり跳び跳ねたり、アクションが派手だったのが印象的でした(゚A゚)

 

DR : 夏芽

敢えて手数足数を抑えて骨太な同じドラムを叩くタイプといった印象。

でも、それがまたRaychellさんのBaスタイルと相まって格好良かった。

私はドラマーを語るには日が浅いので詳しくありませんが、タムタムの鳴らし方なんかかなり気を配っているんじゃないかと思うくらい良く鳴っててロックでした(^^)

 

2nd Liveが決定

7月17日(火)に2nd Live決定のお知らせもありました。

ゲストにはパスパレの彩ちゃん役こと前島亜美さんがいらっしゃるとのこと。

パスパレの楽曲はある程度セットリストに確保されるでしょう。

私は既に抽選へ応募しましたが、まだの方は上のリンクへどうぞ(^^)

 

最後に

まだオープニングアクトまでしか書けていませんね(^^;

一度にお読み頂く文字数としてはぼちぼち限界なので、続きは後半にわけたいと思います。

どうぞ後編もお読み頂ければ幸いですm(_ _)m